2014年7月6日日曜日

SONY α77II レビュー

α77II(α77M2)を土日にとりあえず使ってみたインプレッションというかレビューといいうか備忘録というか。

α77からの違い感。

・なんといってもバッファの大幅増加、17枚→60枚の改善のおかげで宝の持ち腐れだった連射モードが大幅に使いやすく。 

・AFが前回より暗くても効くようになった感じが。反応速度も良くなった気がします。
AFエリアも広く、モードが増えたもの使い勝手がよくなって○
前回1点固定だった、スマートテレコン使用時にも各モードが使えるのはかなり便利。
ただ、センターの□が大きくて、込み入った場所の一点を狙えないのは相変わらず。
スマートテレコン使用時に□が拡大されるのも相変わらず。
小鳥など小さな目標に追尾AFが役立たずなのも相変わらず、小鳥→枝→何処かへと、目標喪失しがち。


・ISO感度に関しては、よくなってはいる気もしますが、常用では800までですかね
1600も場合によっては使えそうですが鳥にはむりかな。羽毛が潰れがちに。


・EVFは飛び物などを追いやすくなったような気がします。
連射時の紙芝居も多少改善されたような。
あとEVF内の手ぶれ補正がついたのは◎ とても使いやすいです。

キーピーキングと拡大表示はBORGなどのマニュアルレンズを使うときに相変わらず便利。

スマートテレコン使用時に拡大表示を使ったさい、シャッター半押しでスマートテレコン状態に戻るようになったのは地味にうれしい改善。

ただイメージ書き込み中にスマートテレコン使用しても、書き込み終了までシャッターが押せないのは相変わらず。

・画質自体は特にものすごく改善された感じはないですね。
ただ、α77より明るい絵作りを選択するようになっているようです。

SSと絞り固定でISOを100~3200のオートにした場合、同じシチュエーションで
α77=ISO1600
α77M2=ISO3200

絞りとISOを固定して同じシチュエーションで
α77=1/20
α77M2=1/10

という事がありました。画像自体明るくなっていたので
BIONZ Xの影響でしょうか。

あ、あとMモードでISOオートが選べるようになったのも良い感じです。
・全体的に使いやすくなった感があり良い感じです。
あと贅沢をいえば
・やはりISO常用で3200くらいまで
・バッテリーの持ち
・スロット2枚差しでJPGとRAW分けて保存。
・ピンポイントAF
・あとレンズによるけど電子先幕シャッター使用時の露出異常改善
・TLMなのであれですが、ミラーアップもあればいいかなぁとBORG使ってておもいますね。星とか撮るときに。
・サイレントシャッターというかシャッターショック抑えるモードとか


このくらいですかね。
あとはもっと使い込んでからですかね。